お気楽ビリーのWAN!derful Life!

billnico.exblog.jp
ブログトップ

SNSが斎場でした

 ここにきて、この何日かのことを書いておこうと 思っています。

(昨日の分から 振り返り日記を書いています)


さて、訃報には ああ 書いたものの、自分は 後悔至極だったので、

本音をちょこっと。

じつは、最後の日々は、愛犬家の方に比べると ほど遠いケアの仕方の

ような気がして、悔やまれてならないのです。

もっと介護が続くと思ったから、体力温存しなきゃと、ベタ付きは

出来なかった。

横で寝ている間に 彼女は 逝ってしまった。

願わくば、腕に抱いているときに 安心して逝って欲しかった。

ひとりで 逝ってしまって、可哀想に。

でも 後悔はどんな人でもする と、周りの人になぐさめられて

しまって…。

申し訳ないけれど、こんな時は、なにを 言われても辛いんですよね。

許せないのは自分だからね。

最後に目を閉じてあげられなくて。

(たぶん 逝ってから30分くらい経ってた。まだ温かかったけれど)

あの顔を思うと、本当に幸せだったか、うちで良かったか、

わからなくなる。

 それと、厳密には、ひとりでではなくて、部屋の反対側にいたはずの

ニコルがビリーの隣に移動していました。

その音がカサカサしたので、わたしも目が覚めたのです。

最後の2日間は、どこかが 痛いのか、30分から1時間おきに、彼女は

「あ゛ー、あ゛ー」と啼いていました。

その少し前から おトイレの面倒で ちょいちょい起きていたから、

迂闊にも 昼寝しちゃったんですよね。

その時ですが、寝る前に、「痛いから啼いているのね?」と、気づいて

アロママッサージをしました。

(その前は、おトイレのサインで啼いたりしていたので、痛いんだなって

 気づくのも遅かった。(>_<))

最後のマッサージで「うんうん、ここ やってー」と、元気な頃のように

ねだってきて、意志疏通できたのがせめてもの救いでした。


 そして、コメントをくださった方に お返事していると、

みんなの言葉の中にビリーが居て…。

あぁ、ビリー、楽しかったのかな、愛されていたんだな と、少しずつ

気持ちも 落ち着いたのでした。


…っていうか、SNSに書いた日ってサ。

「こんなときだから、犬の記事が目に付くわ。

 まぁ、サー・ポールまで 犬を抱いた画像?」とか、思ったんですが、

じつは その日、‘National Dogs Day’でした。(0_0;)

ビリー…他界した日を祀られてる。(違います>自分)


[PR]
# by billnico | 2016-08-28 23:28 | ビリー(水色)

ビリー、旅立つ

 台風が接近しているせいか、雨交じりの土曜日です。

自分でも どうしてか解らないけれど、SNSにも 昨晩のうちに

訃報を書きました。

すると、「まだ ビリーはいますか?」と、生前に彼女と親交の

あった方々が、お別れに来てくれました。

こんな風に言うと人間みたいで ヘンだ と、思う人もいるかも

しれませんが、実際、この後、たくさんの方が 彼女のために

お悔やみを言ってくださいました。

SNSに書くなんて…、しかも こんな早くだなんて…と、内心の

抵抗感はあったのですが、結果的には、お知らせして よかった

ように思います。

a0102815_14501473.jpg

 ビリーは 人が大好きな、ラブラドールらしい犬で、誰にでも

かまってオーラを出して 近寄ってゆくわんこでした。

(本当に知らない人について行ってしまったことも…。

 飼い主としては、ガッカリ談でしかありませんが(T_T))

ニコルが来てからは、お株を奪われ、歳を重ねたこともあり、

すっかり 落ち着いて見えましたが、本音は かまってちゃん。

そんな彼女が、たくさんの方から声をかけてもらって、

本当に、本当に 幸せに旅立ちました。

きっと 彼女の尻尾はプロペラのように 振り切れていたのでは

ないかな。



[PR]
# by billnico | 2016-08-27 23:03 | ビリー(水色)

永い間、ありがとうございました

本日、午後 3時前に、我が家の長女犬ビリーが永眠しました。
2001年5月に生を受け、我が家に迎えてから15年3ヶ月の犬生
でした。
大型犬は お初の我が家で、‘飼いやすい’という評判を鵜呑みに
して、やってきたラブラドール。
案の定、トレーニングには 四苦八苦して育てた、ファースト
ドッグです。
思えば、素っ頓狂なしつけで不憫な目にも遭い、それでも
めげずに、ビリーは頑張った。
とにかく 頑張る子でした。
そして 次第に うちのファミリー 色に 染まってくれました。
終いには、彼女こそ、我が家のカラーを決定づける、中心
人(犬)物に。
いなくなるなんて 微塵も想像出来なかった。
ありがとう、ビリー。
今は それしかありません。
そして、そんなビリーを愛してくださったみなさま、本当に
ありがとうございました。
たくさんの愛情を頂いて、ビリーは 幸せに虹の橋を渡ったと
思います。
a0102815_00111865.jpeg


a0102815_00050165.jpg
a0102815_00042919.jpg

a0102815_00032631.jpeg



[PR]
# by billnico | 2016-08-26 23:01 | ビリー(水色)

広尾の犬

今日の『じゅん散歩』は、広尾でした。
http://www.tv-asahi.co.jp/junsanpo/backnumber/1608/11/
ビリーが幼犬の頃に、トレーニングした界隈がロケ地で
感激。
めちゃめちゃ 懐かしかったです。
取り上げられているフライドポテトのお店は、たしか
最近(自分たちの中では(汗))出来たところかな。
ビリーの実家の側だから、里帰りかねて
今度 行こうよ〜と言っていたンですよね。
(ニコルの時は 大通りの反対側に移転していました。
 そこはそれで、実は 自分の実家の母が幼少の砌に
 よく訪れていた場所で、なにか縁を感じます〜。(^^;))
じゅんさんが入店した中華のお店は、ビリーの家の
真裏だわ。
広尾商店街をお散歩したのですが、まだ ほんの仔犬が
あんな繁華街を ちょこまか歩く光景は、今 考えると
ちぐはぐで可笑しい〜。
道行く人に、時々話しかけられましたが、いかんせん
トレーナーさんは それはそれは厳しくて、完全スルー
でしたね〜。
有栖川公園側へ行ったとき、元気なチビッコに
「お手する?」と 話しかけられての返答、
「しません!!」の早かったこと。A^_^;)
チビッコ、どん引きしてたわ…。
うちに引き取ってからは、里山を駆け回るような
‘腕白でも良い逞しく育って欲しい’系 わんこに
なりましたが。(汗)
懐かしいな。
ちっちゃかったな、ビリー。
a0102815_15164457.jpg
中華料理店のある大通りと
広尾商店街の端っこを結ぶ
小さな小径。
ここで ビリーに「sit」「stay」の
トレーニング。
こやつ、笑ってますが、なかなかに
手強い子でしたよ〜。

 そうそう、広尾で散歩をトレーニングしていた時、今時 聞かなくなった
商店街アナウンスが 流れていましてね。(^m^)
「広尾シール、広尾シール(を集めましょう?)」と、連呼され
やけに 耳に残ったものでした。
なんだか ‘比呂志ール’って 空耳して…我が家の楽屋落ちネタに。(ノдー;)
最後は親父ギャグ…、『じゅん散歩』だけに、ね。(汗)

[PR]
# by billnico | 2016-08-11 15:14 | ビリー(水色)

ビリニコ 秋の紅葉狩り

 カレンダーの連休をはずして、ビリニコ・ファミリーは 信州八ヶ岳を旅してきました。
a0102815_18114351.jpg
            パパ、ママ、どこに行くの~?(by ニコル)
            幾つになっても、お出かけには わくわくする
            ニコルであります。(^m^)
            しかしお出かけ写真というと、トップバッターは
            いつもこれ。\(--;)

a0102815_171726.jpg
                 富士山! 初冠雪の一報もあり、
                 白いお帽子でお出迎え。

a0102815_17162539.jpg
                到着したら、お宿でまったり〜。

…と、いきたかったのですが、ビリーは終始、落ち着きがなく、一晩中 そわそわしていました。
(T^T)
以前は そんな事なかったんですが。
そう。
実は、もう ビリーと遠出は無理かな? 最後かな? と言うことで、企画されたツアーでも
あるのでした。
(;_;)
思い切り 楽しもうね。
a0102815_1781737.jpg
          それに比べて、どこでも寝られるニコル!
          君は、ビリーさえいればどこでも安心なんだね。(^^;)

 お宿でゆっくり休んだ翌日は、さっそく 紅葉狩りへGo!
スタッフの方に「紅葉はどの辺りで見られますか?」と聞きましたが、実は 今立っている
この場所でも、木々が染まっている筈だったみたい。(^^;)
今年は、例年より遅れているそうです。
a0102815_171657.jpg
          
          オススメの『三分一湧き水公園』で 紅葉散歩。
          なぜか迷彩色? すっかりビリニコを探せ!…に なっちゃっています〜。

a0102815_1724181.jpg
                 秋の日差しも良い雰囲気です。

さて、それから 絶景のレインボーラインを通って、八ヶ岳のパノラマを堪能。
三分一湧き水の名水で頂いた蕎麦もこなれてきたので、ソフトクリーム目当てに、牧場へ〜。
a0102815_1705720.jpg
             すごい 開けてます。(0◇0)
             遠い雲海に、うっすら富士の山も浮かんでいます。

a0102815_171198.jpg
         牧場、「いいね!」 僕にはボタン押せないけれど。( ̄∀ ̄)
         (by ニコル)

 ソフトクリームは 美味しかったけれど、それを一気に消費する 遊歩道。 o(´д`)o
いやはや…こんなに散歩したのは、久しぶりでないかい?
おふたりさん?

 そして、この旅のハイライトは、翌日、三日目〜。
a0102815_1705485.jpg
              わんことカヤック!!

 八ヶ岳は 自然と親しむアクティビティが充実していて、春夏秋冬 いろいろと楽しめる
ようなんですが、もちろん with Pet Dog も、バリエーション満載です。
わんことカヤック体験』は、水場のエクスペリエンスなので、季節的にギリギリかな〜と、
心配しましたが、これは 以前から ぜひやってみたかったこと!
なので、なんとか 日程を合わせて、初カヤックに挑戦しました。
a0102815_1704683.jpg
            Yo! ぼくも乗ったよ〜♪(by ニコル)
            なんだ、このサイズ感…。(ノдー;) まるで 人間2人。
            というより、むしろニコルの方が大きい?? (・"・;)


 そして 結局は…。

a0102815_1704269.jpg
               こうなりました。(T▽T)

「レトリバーはもともと 水が好きなので、夏場は けっこう飛び込んじゃうんですよ〜 」と、
インストラクターさんから、聞いていましたが、
「でもさすがに 今の水温では14℃と冷たいので、それは ないでしょう〜」 とも、
おっしゃっていました。
はい、おっしゃっていましたんですよ−。
しかし そんな ひとことコメントどこ吹く風で、行きました、ニコルくん。
ε-(-。- )ハァ
そして 負けず嫌いのビリーも、もちろん どぼん。
え〜〜〜〜。
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」
a0102815_1811316.jpg
           見よ! この無駄な躍動感。
           (;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)
           一人じゃ無理なので、先生に引き上げてもらいました〜。
           (>_<)


 期待を裏切らないラブラドール・レトリバー。(´~`;)
そんなこんなで…やはりビリニコ旅は、思い出深いものとなりました。
でも 3日間、ずっと一緒で、ずっとビリニコ。
秋とともに、家族の絆も深まる旅なのでした〜。

a0102815_1703652.jpg
            あ、そうそう 時節柄 ハロウィーンでしたョ。
[PR]
# by billnico | 2015-10-16 16:59 | おでかけ

取り替えっこニコル

 今日は、ビリーとニコルのお洗濯デー、もとい トリミング・デー。
大好きなお兄さん、お姉さんのいる お店で綺麗に洗って貰います。
子供の頃から通っていることもあって、ふたりは ここが大〜好き。
今日も 喜び勇んでお店に飛び込んでゆきました。

 …で、夕方に引き取りに行ったときのことです。
いつも車なのですが、ビリーの足腰が弱くなっているので、荷台に上げるのに、
今、けっこう気を遣っています。
先日、玄関前の階段で転けてから、暫く びっこ引いたこともあったので、要注意!
こう見えて 彼女も老犬なので、骨折でもしたら大変、タイヘン。
対して、ニコルはまだまだ元気なので、自分でぴょんと後ろから飛び乗ります。
勢い余って、倒した後部座席の背に乗っかるほどです。
いつも先にニコルが出てくるのですが、今日はビリーに後塵を拝して ちょっと
焦り気味なのかな。ハイパーだこと。
…って、ちょっ、ちょっ!
なんと、運転し始めるや否や、前部座席の背も乗り越えて、シートまで
やって来るではありませんか。
「わぁ〜!」と、驚いたモノの、もう 走り出しちゃったし、車は急に止まれない。
(>_<)
「戻りなさい、戻りなさい!(υ ̄Д ̄)」と 言っても、でこぼこ道と シートの
スプリングでぴょんこぴょんこするばかり。
「お前はマーリーか!」と、突っ込んでも 彼に解るわけがありません。
こっちが興奮すれば、犬もつられるので、顔にチュッチュしたり、叱られたと
思って 膝に頭乗せたりと、やりたい放題です。
仕方なく、「もう そこに居ろ!」と、頭を伏せさせて自宅まで 漫才コンビを
演ずることになりました。( ̄ω ̄;)

 さて、なんとか自宅に戻り、ニコルも荷台への逆戻りは出来ないだろうから、
助手席のドアを開けようと 駐車場に入れる前に車を停めると、なんとも
器用に 後ろへ帰るニコルくん。
「なんじゃ、戻れたんかいっ」と、突っ込むまもなく、今度はハッチバックドアから
勢いよく飛び出してゆきました。
まだまだ ハイパーなテンションが残っているようで…。
(ノдー;)
降りるなり、我が家の 小さな植え込みに直行、& チー…。(小便です)
(;・∀・)(;・∀・)ア、アハハ
そんな時に限って、お向かいさんが 犬散歩に 玄関に出てきた所へ はちあって、
叱るタイミングを失するわたくし。
「…あ〜あ、そういう子よね。(;´∀`) 」と、半笑い。
せっかく 洗ったのに、小雨も降り始め、泣きっ面に蜂です。
しかしニコルはそんな飼い主の心配どこ吹く風で、トットットと、路上を一巡り。
「待ちなさい、待ちなさい」と、追いかける飼い主と、またまた 漫才タイムです。
.......(((((( =`□´=)/   ε=ε=εε=ε=ε=ピョーン°゚°。。ヘ(゚¬゚*)ノ
それを冷めた目で見るビリー。
∪( ̄-  ̄ )∪

 一悶着あって、ウチに入るも、ニコルのテンション冷めやらず。
レディ・ファーストも忘れてビリーを押しのけ、足も拭かずに お家に飛び込む
始末です。
「コラーーーーーーーーーーーッ!ヾ(`◇´)ノ」
…と、ついに ママの雷が落ちました。
そして玄関に引きずり、足を拭こうとして、ハ・タ…と、気づきました。

「ニコルじゃない…∑( ̄Д ̄;)」

やけに 鼻のリーチが短いじゃないかー。
明るい所に来て、やっと 気づいたわたしくし。
ハッと手を見て確認すると、イボもない。

エ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ッ!!!!!

a0102815_18324368.jpg
                   あんた、誰やねん!

 そうなのです。
引き取りの時に ビリーに気を取られ、暗がりの中でスタッフに連れられて来た
黒ラブを、ニコルだと疑いもせずに 連れ帰ってしまったのです!

あー、バカバカ!
天気予報どおり夕方から降り始めた雨に焦り、暴れるビリーを抱えて焦り、
お引き取りラッシュで 並んだ車を早く出そうと焦ってしまった…。
その結果、ニコルと別の子を取り替えっこしてしまいました。
(|||_|||)(|||_|||)(|||_|||)(|||_|||)(|||_|||)(|||_|||)
すぐに トリミング屋さんにお電話を差し上げて、無事、彼をお戻し出来て
一件落着。
なんだか、もう、もう、もう〜! …な、取り替えっこ事件でした。(T▽T)
a0102815_18311786.jpg
               鼻のリーチ、目の間隔も違うのだが、
               一番の決め手は手のイボでした。(爆)

 しかし、思えば、「気付けよ、自分」ポイント、何回もあったんですよね〜。

 ■ポイント1: 荷台から、前に飛び出してきた時
  よく考えたら、太っちょニコルが前に来られるワケないんです。
  ただ、前科があるの で、またやったか! と、思ってしまいました。(>_<)
  (この頃は、まだ今より痩せていた)

 ■ポイント2:ママにチュッチュしてきた時
  犬が飼い主の口をなめるのは、幼少時に母犬が口から食べ物を出してあげる
  という、習性があったから…と、言われていますが、これも個体差あり。
  食いしん坊のビリーは、なんとかママから食べ物をせしめたいと思って、
  これをやりますが、ニコルはなぜかやりません。
  というより、むしろ チュッチュなぞ知らん…と、嫌がる傾向にあり。
  ここでママも気づくべきでした。(>_<)(>_<)

 ■ポイント3:前のシートで鳴いた時
  ニコル(仮)が隣に来た時、やけに高い声で、ピーピー鳴いていました。
  本物はそんなクリアな声で鳴いたこと、ないんです。
  「マジで、トイレ!!」という時に ピーピー声を出しますが、鼻が悪くて、
  ピーピーというよりヒューヒューになります。(>_<)(>_<)(>_<)

 ■ポイント4:帰宅時に後ろの荷台に戻れた時
  前述の前科(リンク先ご参照くださいませ)では、一度 前のシートに
  来てしまったニコルは、二度と 後ろに戻ることが出来ませんでした。
  (>_<)(>_<)(>_<)(>_<)

 ■ポイント5:家についてもハイテンション
  切羽詰まってないのに 自分家の植え込みにチーとか、路上の追いかけっこ、
  ビリーを押しのけて室内を駆け回るとか…、本物だったらありえない。
  (ビリーが怖いので(爆))
  これ、初めての場所で テンション上がったワンちゃんの行為ですよねー。
  (>_<)(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)

a0102815_1836932.jpg
          はーーー、信じらんないわ〜。
          ママったら、我らと何年付き合ってるとおもってんの?
          (by ビリー)




 いや〜、ホント、てんやわんやとは、このこと。
今になって こんな飼い主失敗談が生まれ出ようとは…(TωT)トホホ…です〜。
[PR]
# by billnico | 2015-09-04 12:58 | ニコル(青色)