お気楽ビリーのWAN!derful Life!

billnico.exblog.jp
ブログトップ

Dog Whisperer 〜犬の気持ちわかります〜

 飛びつく、吠える、リードをひっぱる!
もしも、あなたが犬のしつけでお困りなら、ぜひ! …という番組に、
ママは最近出会ってしまいました。U^ェ^U
ビリーもニコルも、このところすっかり落ち着いたので、決して
‘問題犬’とは思っていなかったのですが…。<(・´з`・)>
こうしてあらためて見ると、まだまだ 満点ドッグとは 言えない
ようです。
(「え〜? あれで?? 満足してたの〜?(゚Д゚;)」と、事務所方面から
 声が…( ̄◇ ̄ i) まぁまぁ、おしごとデビュー当時に比べれば、
 ね? ね? (*´Д`)ゝ”)

 さて、その番組とは…こちらです。 (*゜▽゜)ノ-☆
『ザ・カリスマドッグトレーナー〜犬の気持ち、わかります〜』
いやはや、すごいタイトルですが…。A^_^;)
百聞は一見にしかず。
どんな問題犬も、彼(シーザーといいます)のトレーニングで 見事、
解決に向かいます。
というより、問題は犬だけではなく、ドッグ・オーナーさんにも
ある…という視点が ナルほどです。
シーザーのやり方は、飼い主さんの訴えに耳を傾け、トラブルを
切り分けて、解決策を提示する。
番組の時間の関係もあるでしょうが、なかなかに鮮やかで、見て
いるだけでもスッキリします。

彼は、たびたびこう言います。
「犬はリーダーを求めています。
 ですから 毅然とした態度で穏やかに接するのが重要です。
 そうして初めて、犬も安心して指示を聞く事が出来るンです」

たしかに、この「毅然とした態度で」というのは、多くのトレー
ナーさんが 近い事をおっしゃいますネー。
問題の原因は飼い主さんにあり、というのも。
言葉は違えど、ね。
それに…、これは、対 愛犬だけでなく、多くの事に当てはまると
思っちゃいました。
(・_・)(._.)(・_・)(._.)ウンウン


 それにしても、犬とどう接して良いか解らない人というのは、
米国にもいっぱい居るのね...と、感心してしまいました。
皆 われらと同じようなところで悩み、つまづいています。A^~^;)
例えば、‘石に執着する犬’という回では…
「なんでも興味津々になる3、4歳のころに、石を投げて取って
 こさせたでしょう?」
と、指摘。
あぁ、そう言えば、この‘石’の部分を、そのまま‘枯れ枝’に置き換え
られるわ。ビリーの枯れ枝への執着…。onz

 …と、こんな調子で見始めて、ついチェーン・ウォッチャーに。
(T▽T)アハハ!
これからの季節、秋の夜長にもぴったり。
目から鱗のシーザー・マジック、いよいよ どっぷりとはまりそう
です。
by billnico | 2010-09-22 16:54 | メディア