お気楽ビリーのWAN!derful Life!

billnico.exblog.jp
ブログトップ

Still life goes on... (スティル・ライフ・ゴーズ・オン)

 それでも 人生は続く、で あります。
8月はお休みにしている レッスンも、9月は営業再開です。
ビリーは、助手 兼 受付でしたので、今度は ニコルが頑張る番です。
ただ…、お見えになる方々が 皆、ビリーにお花を持ってきて
くださる。(ノд・。)
本当に、ビリーは仕事上でも 片腕だったのだな。
a0102815_16344241.jpg
ビリーのお墓を見に行ったときは、
はからずもお盆と秋分の日の中間くらい。
義父母も来てくれました。
ご近所の方や生徒さん、老若男女の方の
生活シーンに、ビリーが。。。
(食いしん坊のビリーに、お米やおやつが(^^;))

 そして、不謹慎ながら こんな事を思います。
たぶん、世の中の人は、自分よりも ずっとずっと 心が優しくて
情が深いのです。
皆、ビリーが生きているように 話しかけてくださった。
そうやって 話す事で、ビリーが また ここに現れる、というか
存在する事が出来るのだな。
そんな時は、ニコルも 遠慮して クッションに乗らなかったりします。
49日ごろまでは、故人(犬)も なんとなく 家にいる気がする…と
よく 聞きますが、これは、残された人たちへの 気持ちの猶予期間
なのかも。
こうやって ビリーが生きているときの気持ちが蘇ったり、
居ない事に慣れようとしたり、
潮の満ち引きのような時間が過ぎていきます。


[PR]
# by billnico | 2016-09-16 17:12 | ビリー(水色)

昔の名前で出ています

 名前を変えました。
あ、いや、ハンドルネームのことです。
厳密には 元の名前に戻した、というか、統一しただけなのですが…。
ご存じの通り、このブログでは わたしの名前はbillnicoです。
もちろん 愛犬がビリーとニコルだからです。
じつは 日常の些末事を別のブログも書いていますが、そちらにも
billyの名前を使っています。
そっちは、まだ ビリーしか居ない時に 始めたからbilly某です。
とはいえ、始めたきっかけが 元々のHNで呼び合う仲間内だったので、
誰もbilly某と呼ぶ人は居らず、なんとな〜く そのまま続けていました。
う〜ん、ここのプロバイダーさん、登録するときに冷静にならないと、
(仮)のつもりで 入力したものが、HNになってしまう…というトラップ
でもあります。(いや、わたしだけ でしょうけれど〜(>_<))

 しかしながら、時は流れ、新たなジャンルでブログを書くようになり、
そうなると、呼び名はbilly某になるわけです、ハイ。A^◇^;)
(だのに、最初 billyさんと呼ばれたときは、純粋にびっくりしてしまった
 アホです〜。ヽ(*´∀`)ノ )
さらに、旧ジャンルでも 新たにお目にかかる方は、元々のHNだったり
billy某だったり…。
あ、自分、古い人間なので、ブログを始めた頃は、まだ 顔を合わせない
付き合いは よろしくない、出会ったのはネットでも 一度はちゃんと
リアルでもご挨拶しておきたい…というタイプでした。
昔は掲示板とか、よく 荒れていたからね。(汗)
顔見て話せば そんなこと無いのに…という些細な事でも、よく行き違いを
目にしました。
もちろん 今では、そんなこと無いですけれど。
あ、脱線しました。
それで、ジャンルは様々なれど、犬だけは 普通に被ったりする訳です。
元々のジャンルから、こちらのビリニコ・ブログまで覗いてくださる方も
いらっしゃったりして、ありがたいことでした。
もちろん、そういう方は ご同輩、犬の名前がHNだったりするのです。
否、ご同輩と言うより 初代犬を亡くされた先輩でもありました。
それでうかがったのですが、
「犬の名前をHNにするとつらいぞ」
…と。むー。( ̄Θ ̄;)
そのとき、ハッとしました。
ビリーも 全盛期は過ぎていましたし、いつかは来るお別れの日。
でも、わたしのHNもメアドもみんなみな、ビリーだ…。( ̄[] ̄;)
最初はそんなつもりもなく、ホント、なんの気も無しに付けた名前。
長子の自分に、動物を飼う その大切さを理解できるか…、そこに
寄り添おうとした、歩み寄りでもありました。
まさか 今になって…こんなに重くのしかかってくるとは。
( ̄ο ̄;)
大事な人や仔の名前、これが こんなにも意味を持つなんて〜。
15年前の自分は知る由もありませんでした。
ハイ。
a0102815_18335550.jpg


[PR]
# by billnico | 2016-09-14 10:59 | ビリー(水色)

ビリーのいない家

 こうやってMacの前に座っていると、ビリーがよく隣に座ったものでした。
a0102815_15544118.jpg
リビングとダイニングの段差が
彼女のお気に入り。
カーブのついた縁の部分に
よく顎を乗せていました。

夏なんかは、同じ姿勢で冷えてしまった自分の足を、ビリーの
お腹の下に入れて暖を取ったりして。A^▽^;)
a0102815_15543904.jpg
わたしの左側に陣取って、丸くなるビリー。
大抵は、ランチのおこぼれを狙って
ここにドスン! と 座るのだけれど。(-_-;)
でも そのまま寝ちゃう事も。(´m)
a0102815_15543633.jpg
あまり可愛いんで描いちゃった。
(以前 FBに載せたので、初出ではないのですが…)
a0102815_15543348.jpg
その記事も、「元気なうちにたくさん
絵を描いたり写真を撮っておこう」と
書いたものでした。

本人は、そんな風に 衆目に晒されているとは 露とも知らず…なんです
けれど。( ̄▽ ̄*)
でも そんな日も、今は遙か昔のようです。

a0102815_15542999.jpg
そして、今。



[PR]
# by billnico | 2016-09-08 15:21 | ビリー(水色)

愛犬の埋葬について

 なんだか、#タグ みたいなタイトルにしてしまった。(^^;)
でも いざという時のことは 何ヶ月か前から考え始めていて…、実際
事が起こってしまったとき、調べておいた 近くの火葬場へ行く事に
なりした。
哀しいけれど、やらなきゃならない事が続いて、自分の気持ちを
棚上げ出来た。
…で、次に考えるのは、埋葬です。
うちは 幸い、自分たちのお墓を用意していたので、今日は それを
確認してきました。
これを あつらえたときに、副装品としてならペットOK と、聞いては
います。
それで 見てきたのですが、スペースとしては 大丈夫そう。
すると、やはり ここに一番最初に入るのは、彼女 ということに
なるのだな。
お墓なんて準備すると、親世代が、誰が最初か などと ブラック・
ジョークを言ったりして困ったものでしたが…。
そんな時は「いやいや、ビリーかニコルですから」と、答えていた
ンですよね。
しかしながら…本当にその通りになるとは…、心の準備なんて
出来てないよなー。(ノд・。)
諸行無常。
でも 今まで空っぽのエリアだった場所が、いよいよ われらの終の
棲家となるのだな…と、実感が 沸いたのはたしかです。
ビリーが居てくれれば安心。
ビリーが居る場所が我が家なんだ。

それと、もうひとつ。
分骨して お庭に樹木葬をする案も考えています。
トリミング屋さんに、そういう人も多いですよ と、言われて
うちもそうしようかな と、思いました。
樹木を選んだり、お礼状手配したり、もう少しは 現実を棚上げ
しておけそうです。

[PR]
# by billnico | 2016-09-06 21:39 | ビリー(水色)

お友だちと再会

 当然のこと…犬散歩は、ニコルとふたりになりました。
その晩も 辺りに夕闇が落ちる頃に、近所をふがふがと歩いていた所…。
「ニコル〜、ニコル〜」と 遠くから呼ぶ声が( ̄ο ̄;)
振り返ってみると、いかにも犬飼さんっぽい、でも なにも連れていない
お母さん風の人が こっちに向かっていました。
あぁ…。
ビリーの生前 最愛の犬、リキくんのママさんでした。
もちろん 近づくなり、「もう一頭は? 黄色の…ビリー?」と、聞かれました。
でも すぐにお察しになり、「じゃあ…」と 表情を曇らせました。
リキくんは、↑リンク先にもある通り、小柄の柴(&甲斐犬ミックス?)で、
つぶらな瞳の寡黙な日本男児でした。
そう、ビリーのタイプど真ん中。
彼女はリキくんが大好きで、通りの向こうに気配を感じただけで、急に
歩き方までしおらしくなったものでした。(^m^)
うちの散歩の遠征先が リキ邸のあるエリア。
最初は おうちに彼が居るときも、お喋りできるフリーな感じだったのですが…。
このエリアに新興の住宅が続々と建ち始め…ある日、手前の空き地も建設予定地に!
そして なんと、ふたりの間にフェンスが立ってしまったのです!
向こうもビリーのことを憎からず想ってくれていたようなのに…、
あぁ 哀しきかな、ふたりの恋路を引き裂くフェンス。
なにも知らないお隣さん。
どうなる? どうする?! 気になる恋の行方は 巻末をご覧じろ〜…ってな雰囲気で、
ビリーったら、昭和の哀愁たっぷりだったんですよね。
a0102815_12400504.jpg
ビリーになついてくれてるリキくん。
でも 他の犬にはこんなに親愛の情を
表したりすることは ないんですって。

 そのリキくんも先に虹の橋を渡ってしまい…。
お父上も ママさんも、いたく肩を落としておられました。
そして 今日、この仮のお姑さんにビリーのご報告も することになりました。
「主人が聞いたら ガッカリするわね (ノд・。)
ママさんは そうおっしゃって 立ち去って行かれました。

あぁ ビリー、ビリママはとても寂しいけれど、あなたは 向こうでリキくんに
会えたのかもしれないね。
それは 良かったのかもしれないね。

 二つ目のリンク先…、リキくんが亡くなったのは 去年でした。
その時の自分、ビリーがいなくなるなんて まったく思ってないわ。
( ̄_ ̄)
あと2年でも3年でも、先があると信じて疑ってない。
後悔なんてしてもしょうがないけれど…バカだな、わたし。
もっともっと、ビリーを大事にしてあげれば 良かったな。




[PR]
# by billnico | 2016-09-05 12:38 | ビリー(水色)

ビリーの人(犬)徳?

 ふいうちの献花を頂戴しました。
以前 頻繁にやっていたmixi友にも ご報告をしなくては、と
思って 訃報を書いたのですが…。
わざわざ お花をお送りくださった。
ありがたいです−。
思えば…犬オーソリティーのマイミクさんに、「大型犬いろは」を
教わりながら、ビリーを育てたのでありました。(T▽T)
a0102815_17450916.jpg
すごくビリーのことを解ってくれてる
セレクトのお花&アレンジです。(右です)
イエロー・ラブラだから、ですとか
弔花に思いを込めて、故人(犬)のイメージ
などなど…おありだと思うのですが、
これはビリー本人が好きそうな感じです。

 さらに、昨日の事なのですが、ビリーが好きだったから と、スタッフさんが
好物のリンゴを供えてくれました。
そうでした、ビリーは しばらくオフィスの看板犬だったのでした。
彼女はうちのレッスンでもお出迎え役。
我が家内では「ビリ専(専務)」って 呼ばれていたよなぁ。
最初は仕事の伝言の付せんを全部食べちゃったり、家人が外出するや否や、
入室禁止エリアに嬉々として入り、忘れ物を取りに戻った所で目が合って
固まる…とか。

(* ̄m ̄)ノ彡_☆

ニコルは ゴミ箱を漁るので(爆)、いつまでも 平社員なんですけれど、ね。

┐(´~`;)┌

a0102815_17451350.jpg
「あいつ、シャリシャリって食べてたな」と
家人も懐かしそうに言っていました。
最初は「丸ごと一個上げたの?! ( ̄□ ̄;)
目を白黒させてたんですけれど、ね〜。


 そう思うと長い道のりだったな〜。
人に歴史あり、犬に徳あり?
ビリー、われらが同じ状況になっても、こんなには して貰えないと
思うよ。


[PR]
# by billnico | 2016-09-03 16:58 | ビリー(水色)