お気楽ビリーのWAN!derful Life!

billnico.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハードデイズナイト

 ビートルズの有名な映画の主題歌。
『A hard day's night』

 It's been a hard day's night,
  and I've been working like a dog.
 (あ〜ぁ、ハードな日だった。犬のように働いたよ)
 It's been a hard day's night,
  I should be sleeping like a log.
 (あ〜ぁ、ハードな日だった。丸太ん棒のように寝たいよ)

a0102815_1731955.jpg


 けっして 犬が丸太ん棒のように寝る、と言っている歌詞ではありません。
(T▽T)

ほんものはこちら。↓
A hard day's night(ビートルズがやってくる! ヤアヤアヤア)
[PR]
by billnico | 2012-06-03 17:00 | ニコル(青色)

あの‘犬’は、今?

 アカデミー賞の時期に、ドッグ・アカデミー賞は? という記事を取り上げ
ました。(^^)
ママは「マーリーがいちばん!」と、投票してしまったのですが…、よく
考えたら、それはまちがいでした〜。(><)
「あなたならどの‘俳優犬’にアカデミー賞?」なので、演技した犬に投票すべき
だったのですよね〜A^^;)
映画をご覧になった方なら お判りかと思いますが、マーリーは複数の犬が演じて
いました。
単に仔犬と成犬の違いだけでなく、大人になってからも けっこう顔が変わって
いたので、俳優犬は一頭にあらず…。
あ、あらら...(-。-;)

えー、それはさておき、今度は その後の犬達、つまり、「あの‘犬’は、今?」が
ミランさんのサイトに掲載されていました。

『あの犬は今Dog Actors—Where Are They Now?』
 (By Nicole Pajer)
 ■マーリー
  『マーリー』は、ジョン・グローガンの人気作『マーリー & Me』の映画化でした。
  ここでは「マーリー」の主役を演じるために18匹の異なる犬を使用しました。
  マーリーの成長段階に合わせて、様々な生活シーンを描くために、バリエーション
  豊かな犬が使用されました。
  成犬のほとんどは、シェルターの保護犬からきました。
  ブリーダーが特徴に合致する犬を見て選んだのです。
  撮影終了後、それらの犬の多くは、彼らを気に入ったキャストや撮影スタッフに
  引き取られました。
  初老のマーリーを演じた犬は、ハリウッドのユニバーサル・スタジオに引き取られ、
  展示会場の俳優犬部門で 見ることができます。

 これによると、マーリーは 18頭もの犬が演じていたとのこと。
ヒェ〜。(・Д・;ノ)ノ
でも 彼らはシェルターから引き取られた犬だったんですね。(;_;)
さらに 撮影が終わってからは、各々現場の方が里親になっていたとは!!
原作者のグローガンさんが 一頭引き取ったというのは、たしかどこかで読んだの
ですが。
映画の感想に、「なんか犬がどんどん変わっていって (・Θ・;)~~ウーン…」なんて
書いてしまいましたが、こんな裏話があったとは。(>_<)
たくさんの保護犬たちが パートナーを見つけて暮らすことになった、その
きっかけになっていたんですね〜。o(´^`)oクーッ!
ウンウン、ほんとによかったです。

a0102815_15133562.jpg
           ペットボトルで鞄の中身が濡れないカバー。
           (な、長いっ> 自分)
           ニコル七変化です。(^m^)
           あ、マーリーとは関係ないです。(汗)

[PR]
by billnico | 2012-06-02 16:30 | メディア