お気楽ビリーのWAN!derful Life!

billnico.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

これが ボクのお気に入り♪

 ふだんは座敷犬のボクだけれど、本当はアウトドア派なんだ。
こう見えて、元は狩猟犬なのさ。
(落ちた鳥を拾ってくる係(レトリーブ=回収)だけどさ…。(汗))
だから広場でやるボール投げ、山登りはお手のもの。
あと、お家の中庭でのボール遊びも、ツウ好みで オツなんだよ。
草むらに入り込んだボールを探すのって、けっこうワクワクする
からね。(^_^)
(ビリー、あれは、草むらじゃなくて、わざわざ植えたハーブ
 なのよ。(;´∀`)…by ママ)


  我が家は、リビングも中庭もタイルなので、つながって見える から、
中庭といっても、なんだか広く感じちゃうよ。
それに…、お庭には、ボクのお気に入りのポイントがあるんだ。
それは、ズバリ!玄関脇のベンチ。
ここで、パパやママにブラッシングをして貰うのは、サイコーに
気持ちいいよ。 アウトドアで、風に吹かれて…。
う〜ん、至福の時〜♪
リゾート地でのマッサージもかすんじゃうかもネ。くふふ。(^m^)
a0102815_1139910.jpg


●パパの ワンポイント・アドバイス♪

「ガーデンデザインについて」

  ガーデンの計画は、家作りと同時に進めていきたい
 ものです。
 そうする事で、外空間を内部にどう取込むか、また 庭に
 立った時、家がどの様に見えるのか、空間を繋げて
 考えていく事が出来ます。
 そうした、内のような外のような、曖昧なスペースが、
 実は とても気持ちの良い一番の場所になったりするもの…。
 庭も、生活空間の一部と考え、そこが まるで第二の
 リビングであるかのように、外に出てお茶を飲んだり、
 壁泉からの水の音を楽しんだり…と、トータルで 心地
 良さを考えていくのは楽しいですョ。
 わたしの家では、限られた小スペースの庭を、リビングと
 廊下の2方向で繋げる事により、外に広がる解放感を
 もたせました。時に 中庭は、ビリーとのコミュニケーションの
 場であり、季節の花を室内から眺めたりと、多目的に
 活用しています。
 中庭の主役は、一年中咲き誇っている素朴なハーブたち
 でしょうか?
 鮮やかなラベンダー・カラーが心を癒してくれます。
 この庭は設計段階からガーデンデザイナー、
 ガーデン&ファニチャーズとのコラボレーションによって、
 生まれました。

a0102815_1141480.jpg ベンチでのブラッシングと 楽しい 楽しい中庭でのお遊びa0102815_11411878.jpg
[PR]
by billnico | 2007-04-26 00:43 | 犬マンガ

ボクのお家は 気持ちいい♪

 さて、ボクのお家に来た人はね、たいてい最初は、ボクに気付か
ないんだよ。
ペットがいるニオイを感じないっていうんだ。
これって、壁が珪藻土だからなんだって。
つまり 家が呼吸しているってこと。
悪い空気を吸って、新鮮な良い空気に変えてくれるんだ。
それに クロスを使っていないから、シックハウス症候群にならない
んだよ〜。
えっと、えっと、シックハウス症候群って言うのはね…。
クロスに使っている糊から出る悪い成分が、人の身体に害を及ぼす
時があるってこと。
(↑パパの受け売り。(汗))
とにかく、それで ボクのお家はとっても 気持ちいいんだよ。
空気を吸収、湿気も吸収、ボクのニオイも吸収…。
で、でも ぜんぜん 気付かれないのも、ちょっと…。
ということで、 ボクはお迎えに出るようにしています。これって、
マナーだよね。
皆、喜んでくれるよ。ボクのバツグンの笑顔でネ。
a0102815_175865.jpg


●パパの ワンポイントアドバイス♪

 「空気の循環…素材編・壁」

  近年、耳にする事が多くなってきた「シックハウス症候群」。
 その症状とは 大きく二つに 分類されます。
 一つは 家具や内装材が放散する化学物質に対する反応、
 もう一つは ダニ、 カビによるアレルギー症状です。
 私たちが よく使用する自然素材は、その対策に一役かってます。
 その中でも今回は珪藻土についてのお話です。
 珪藻土とは植物プランクトンが長い年月をかけて推積し、
 化石化した土です。
 珪藻土が使用される壁や天井は室内でも最も大きな面積を
 占める部分で、その特性として火に強い上、無数に存在する
 超微細な孔が、調湿、消臭、空気清浄 などに 優れた機能を
 発揮します。
 そして何より、ナチュラルスタイルのインテリアには、塗り壁の
 コテ跡による人の手の ぬくもりが なんとも柔らかく、空間作りの
 大きな味付けとなります。
a0102815_11342476.jpg

[PR]
by billnico | 2007-04-19 00:37 | 犬マンガ

ボクの家族を 紹介します☆

 前に書いていた日記、消してしまうのは 惜しいっ という、
お声をいただいたので、U^ェ^U
(いや、いただいて ないですよ〜、ビリー。(^_^;) byママ)
こっちに もう一度、書いておこうかな? と思います。 (゚-゚*)
なので、以下同文です。
(前の日記と 内容 同じってコトね? ビリー。(^_^;) byママ)

 では、さっそく、っと…。
ボクの住んでいるお家は、レンガ色の外壁に、丸太の突き出た、
かな〜りワイルドな感じ。え? サンタフェ風? あ、丸太はデザイン?
…だ、そうです。(汗)

 そうそう、お家の中も紹介しなくちゃね。(^_^;)
高い天井と暖炉のある リビング、ここがボクのベッドルームでも
あります。
床はテラコッタだから、毛が抜けても平気!
し・か・も! 冬でも暖かいんだー。床暖房って言うんだって。
それから お気に入りの場所はね。リビングからそのままつながる、
中庭の見えるところ。
ポカポカと陽がさして、絶好のお昼寝ポイントなのだ!
あと、そこかしこに あしらった木の古材…。あれも、デザインなの
かナー。(美味そう…。涎)

それにね。ここって、リビングとかダイニングなどが、細かく分かれて
いないのョ。ボクにとっちゃ、良い運動場になるんだよ。
ハイ、おかげで ボクはすっかり 鍛えられたハト胸さ!(T▽T)
a0102815_1117308.jpg


●パパのワンポイントアドバイス!

「犬との共生…素材編・床 」
  はじめに犬ありき…、でゆくと、結果的に、人に とっては、
 ストレスを感じる事が多いものです。
 そこで「人が快適に暮らせる住まいは、犬にとってもよいもの」と、
 考えてみてはいかがでしょう。
 その上で、素材感、見た目、機能を検討して、材料を決めてゆく…。
 BILLY'S Houseの場合は、ダイニングに 滑りにくい古材の
 フローリング。
 リビングには テラコッタの タイルを使い、床暖房を入れました。
 掃除がしやすく、汚れも目立たない材料で、これはおススメです。

[PR]
by billnico | 2007-04-12 00:25 | 犬マンガ

新装開店、こんにちわん!

 あらためまして! ビリーです。U^ェ^U
パパのブログをお引っ越ししました。
これまで ボクの日記を読んでくれていた方、こちらでもヨロシク
お願いします。m(__)m
このページがはじめてよ♪ という方、はじめまして です。

 さて、はじめまして の方に、あらためて ボクの自己紹介をしますネ。
ボクの名前は、ビリーです。  
パパとママが、タコスを食べている時に思いついたらしい。(汗)
思いきり、アメリカ〜ン♪ なのが いいねって。(-_-;)
あまり 安直なのも、考えものだなぁ。(;´∀`)
大体、ボクの祖先 レトリバー種は、イギリス犬なんだけれど…。ε-(-。-)
まぁ、今、住んでいるお家、ちょっと アメリカン入ってるから、よし と、しましょか。
あと…ボクは、れっきとしたおんなの子! です。いつも おとこの子に
間違えられちゃうンだけれどネ。
ちょこっと やんちゃだからかな?

 そんなこんなで ボクと へなちょこ家族の ゆるゆる日記、お楽しみ
に〜。 
a0102815_11242890.jpg

[PR]
by billnico | 2007-04-05 13:41 | ビリー(水色)