お気楽ビリーのWAN!derful Life!

billnico.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ニュース( 6 )

犬を騙したいですか?


 「人のボディランゲージが犬を惑わせる
  犬を騙したいですか?
  だとしたら、大げさなボディー・ランゲージをして見せる事です! 」

 つまり、たとえば あなたのお犬にダイエットのお悩みがあったら、小さな器に
ちょっぴりご飯、そして…
「あ〜ら、ビリーちゃん♪ なんて美味しそうなの−?ヽ( ´¬`)ノ たくさんたくさん
 入ってるわー」と やってみせるということですね。 (* ̄o ̄)bグッ!!
そうすれば、きっと、お犬さんは喜んで ダイエットに励むでしょう。
(…あ、ちょっと 違 > ヾ(- -;))

いえいえ、またwebニュースに載っていたモノですから〜。((((( ̄∀ ̄;)
くわしい記事は、こちら!
Human Body Language Can Mislead Dogs

人のボディランゲージが犬を惑わせる
  犬を騙したいですか?
 それなら なんでも大げさにやってみせること。最近の研究で分かりました。
 犬は、大きな餌と小さなものを与えられた時、通常ほとんどが より大きな方を
 ねらいます。
 しかし、人間が少量の方で大げさな身振りをすると、犬は騙されて本心ではない
 方を取るのです。


 騙されて…なんて言い方は トリッキーですが、A^▽^;)
「犬は元来、好んで人に仕えたがる傾向があり、恐らくそれで 何千の間に家畜化
 していったと考えられます」と 記事の下の方にありますので、人間と犬の絆の
固さがうかがえますね〜。
ホントは大きなつづらが欲しいのに、人間が「こっち、こっち」と言えば、我慢
する舌切り雀のお婆さん…じゃなかった(; ̄ー ̄A、わんこ。
けなげだわ。(艸∧`。。+:。

 …って、はたして、ビリーもそんなにけなげかなぁ???
a0102815_13255590.jpg
                   ふつうのママと
a0102815_13255282.jpg
                   大げさなママと



                 どちらを選ぶのでしょう〜?



a0102815_13254673.jpg
              たぶんこれだと思うけれど…。(-。-;)

a0102815_13254182.jpg
            もう、食べられないよ〜、ムニャムニャ( ´ρ`)。o ○


[PR]
by billnico | 2012-05-02 16:04 | ニュース | Comments(0)

がん探知犬

 2、3年前ですかねぇ。
どの犬種がいちばん賢いか…というTV番組を見た と、お話ししたかと思うのですが、
その時、こんなニュースも取り上げられていました。

「脅威の嗅覚! においで癌を発見!?」
a0102815_1546793.jpg
            ニコルも マリーンの実験に興味津々。(笑)
           映像では、癌の患者さんのニオイがついた箱を当てる
           という 実験が行われていました。

 そして、ナント、その癌探知犬が ついに 結果を出したようです!

yomiuri 科学ニュース

 がん探知犬マリーン、婦人科ほぼ確実に嗅ぎ分け

    がん特有のにおいを嗅ぎ分ける訓練を受けた「がん探知犬」が、子宮がんなど
   婦人科がんをほぼ確実に判別できることを、日本医科大学千葉北総病院の
   宮下正夫教授(外科)らが確認した。
   この犬は、大腸がん判別で既に成果を出しており、乳がんや胃がんについても
   実証実験が進行中。
   宮下教授は「自覚症状がない早期がんでも嗅ぎ分けられる。犬が感じている
   におい物質を特定し、早期発見の技術につなげたい」と話している。

    この探知犬は、千葉県南房総市内の専門施設で訓練を受けた雌のラブラドル
   レトリバー「マリーン」(10歳)。
   判別試験では、尿1ミリ・リットルの入った試験管を木箱に入れ、その前を
   研究者に連れられて歩く。がんのにおいを感じた時は箱の前で座り、それ以外は
   通り過ぎるように訓練されている。
   子宮頸けいがんや卵巣がんなど5種類の婦人科がん患者43人の尿では、
   マリーンはすべてがんと判定。子宮筋腫など、がん以外の婦人科疾患29人の
   患者の尿では、1人分を誤ってがんと判定したが、それ以外は間違わずに嗅ぎ
   分けた。
   (2012年4月24日16時15分  読売新聞)


 TVのときは まだ、的中率が完全じゃない と、おっしゃっていた飼い主さん。
番組も、いずれは 探知犬として活躍する日がくるかもしれないとクローズしていましたが、
ホントにその日が近づいていますね。
            
[PR]
by billnico | 2012-04-25 12:09 | ニュース | Comments(0)

米国ではお犬用のTV番組が人気!

犬が見る、犬のための専用番組?!
世界ビックリニュース


 [米ロサンゼルス 17日 AP]
  番組制作者たちは、犬専用テレビ番組「ドッグTV」を、全く新種の番組 と
 呼んでいる。
 ケーブルテレビのオンデマンド 8時間番組で、飼い主が不在の間、愛犬を
 リラックスさせ、刺激し、楽しませるようにデザインされている という。
 適切な映像を取るためにカメラマンは、ひざまづいて犬の視点でカメラを
 構えて撮影。
 映像の色は抑えられ、効果音や音楽も犬専用になっている。

  番組はサンディエゴで2つのCATV局で放映されており、これまでに
 100万人の契約者がドッグTVにアクセスした。
 あまりに好評なので、親会社のPTVメディア社は、来月から数カ月間、全米で
 放映することを決定した。
 視聴料は月4ドル99セント(約400円)。全米で4600万世帯が犬を飼い、
 97%の世帯がテレビを持っていることを考えると、将来は明るいように思われる。



まじか?((((((( ( ̄△ ̄;)



a0102815_11445526.jpg
               「けっこう面白いよ♪」by ニコル


   ※注
    画像はイメージです。…というより、画面の番組はドッグTVではありません。
    ゞ( ̄∇ ̄;)

[PR]
by billnico | 2012-04-22 15:03 | ニュース | Comments(0)

犬には世界がどんなふうに見えている?


動物の見ている世界


 犬と人では ものの見え方がぜんぜん違うと言いますね。
人間のマルチカラーに比べて、犬は白黒だとか モノトーン(一色の濃淡)などと、聞いた
ことがあります。
最近では、こんな感じ? と言われているようです。

HOW ANIMALS SEE THE WORLD(動物の世界の見え方)
 ↑
 ここには、犬とねこ、馬、昆虫など、空海陸の動物の目で見える世界が上げられて
います。
単に白黒というより、彼らの目はちょっと違う見え方をするようですね。
ちなみに こんな感じです。
a0102815_13342123.jpg
                  人のカラー・バリエーション

a0102815_13341725.jpg
                  犬のカラー・バリエーション
 ■犬の見え方
 ・犬の色彩はもっと暗く見える。
 ・しかし 我々よりシャープに見ている。(左右の目で見た画像をより遠方で結ぶ)
 ・そして 夜目が利く。暗闇で獲物を得るためである。


 ほうほう、なるほど〜。(* ̄o ̄)”
まぁ、個体差はあるみたいですが、人間とは、ぜんぜん違いますね〜。
ビリニコで言えば、ビリーよりもニコルの方がよく見えるみたい。∴TV好き。A^。^;)

a0102815_13303897.jpg
              ビリーの見える世界はこんなです。
              おとなりは お友達のハッちゃんです。

              しかし、これ↑じゃ、ハッちゃんがあまりにも
              あまりにも…(T△T)なので、
a0102815_13303842.jpg
              人間の目で見ると こうなります〜。
              なかなか 男前です。( ̄ε ̄〃)b

[PR]
by billnico | 2012-04-19 15:44 | ニュース | Comments(0)

犬はどんなときにしっぽをふる?

犬がしっぽを振るのは計算!?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

「人間の身近で暮らし、その生活を観察し受け入れようとしている犬たちであれば、
 空気を読んで振ることがあると思います。
 たとえば、くつろいでいても飼い主に名前を呼ばれたら愛想よくしっぽを振る、
 といったケースなどがそうです。まるで人間の愛想笑いみたいだな、って思いますよ」

空気を読んで 尻尾を振る…。(-_-;)
ビリーならやりそうだな。(by パパ)

a0102815_1135646.jpg
               「おい、ビリー」(by パパ)

a0102815_1142241.jpg
               「はぁい♪(にっこり) (by ビリー)

               「…。
                満面の愛想笑いだね…onz」(by パパ)


 ニュース原文のメイン文はこちら↓

 「犬がしっぽを振るのは、“うれしい”や“楽しい”など、プラスの感情の表現だと推測
  できるが、実際はどうなのだろう?
  また、無意識に動いてしまうのか、状況をうかがって意識的に振っているのか
  ……その仕組みは???
  あのかわいらしさが計算だったらちょっとショックだなーと思いつつも、真相を
  家庭犬行動セラピストのドッグテックジャパン河原さんに聞いてみた。

 ■犬はどんなときにしっぽを振るのですか?
 「しっぽには、喜怒哀楽の感情表現や、警戒、順位づけの心理状態を表現するなど、
  さまざまな使い方があります。うれしいときにしっぽを振るのは間違いないのですが、
  実はそうじゃないときにもしっぽを振ります。
  “しっぽを振っているから喜んでいるんだ”と解釈して近寄ると、場合によっては
  痛い目を見ることもあるので注意が必要。とくに、犬が低い位置やピンとしっぽを
  立てて振っているときには刺激しないようにしましょう。
  そんなとき、犬は人間に対し“警戒中! 怖い! 触らないで!!”と事前にしっぽで
  気持ちを伝えてくれているんですよ」

 ■うれしいときとそれ以外のしっぽの振り方には違いがあるの?
 「数年前にイタリアの学識者が発表した内容に、感情を右脳左脳のどちらで捉えるか
  により、しっぽの左右の振りに偏りが出るというものがありました。
  右脳(マイナス感情)優勢時は左に、左脳(プラス感情)優勢時は右に偏るのだ
  そうです。犬は人間より脳のつくりが原始的なため、反応が反射的に出ていることが
  多いのだと思います」

 その説通りなら、右に偏ってしっぽを振っているときは、うれしいサインと見てよさそうだ。
 「ただ、人間の身近で暮らし、その生活を観察し受け入れようとしている犬たちで
  あれば、空気を読んで振ることがあると思います。たとえば、くつろいでいても
  飼い主に名前を呼ばれたら愛想よくしっぽを振る、といったケースなどがそうです。
  まるで人間の愛想笑いみたいだな、って思いますよ」

[PR]
by billnico | 2010-07-18 10:27 | ニュース | Comments(0)

『オズの魔法使い』犬、無事 帰る

コラム総合 - エキサイトニュース

「『突風で小屋ごと飛ばされた犬』
  先日、ハンガリー東部の村で、猛烈な嵐が発生したときのこと。
 突風吹き荒れる雷雨に見舞われる中、ある住民は飼っている犬が小屋ごと吹き飛ばされる
 光景を目撃してしまった。
 予期せぬ出来事に飼い主はショック。
 しかし、地元ラジオ局を通じて捜索をお願いしたところ、約30キロも離れた場所で無事に
 犬は発見されたという」


        おぉ…、こんなこと、あるんですね〜。(゚Д゚;)
      『オズの魔法使い』の映画では、主人公ドロシーが
      トトという犬を連れていましたよね ♪
      いやはや、リアル『オズ』、こんなことが 本当に
      あったとは〜。
      無事に見つかって良かった、良かった。(^^)
a0102815_12523934.jpg


ニュース全文はこちら♪ ↓
「英ニュースサイト・オレンジニュースによると、この一件が起きたのは、
 ハンガリー東部にあるGeszteredという小さな村。
 先日この村は、住民の誰もが「過去最悪」と 口を揃えるほどの巨大な
 嵐に襲われた。
 住民の1人、57歳のアグネス・タマシュさんは、近所の家の屋根が
 剥がされていく様を見て、地下室に逃げ込もうと急いで帰宅。
 と、そのとき、家の庭で“まさか”のシーンを目にしてしまう。
 恐ろしい嵐の中ですくんでいた飼い犬が、鎖で繋がっていた小屋ごと
 飛ばされていったのだ。
 「まるでオズの魔法使いかと思った」と語るタマシュさんは、自然の
 猛威が繰り出した出来事に「信じられなかった」と呆然。
 しかも、風に巻き込まれて空へ投げ出されたとなれば、再会はおろか、
 犬の命も危ないと考えるのは普通だろう。
  しかし、タマシュさんは一縷の望みを託して、地元ラジオ局に犬の
 捜索を呼びかけてもらった。
 すると、村から約30キロ離れた場所で犬が発見され、無事に保護された
 という。
 一緒に飛ばされたはずの小屋や鎖は、発見時には周囲のどこにも
 見当たらなかったそうだ。
  ちなみに発見した男性は、30キロ離れたその場所まで犬がどのように
 飛ばされ、犬小屋がどうなったのかは「全くわからない」と語っている。
 30キロの距離を飛ばされたのか、はたまた少し飛ばされたあと、落下の
 衝撃で鎖が外れ、逃げた先が発見場所だったのか……。
  保護された後、犬は無事にタマシュさんに引き渡され、奇跡的な再会を
 果たした。
 嵐に巻き込まれながらも生き残ったこの犬に、タマシュさんは「ラッキー」と
 新たな名前を付けたという」
[PR]
by billnico | 2010-06-24 10:03 | ニュース | Comments(0)