お気楽ビリーのWAN!derful Life!

billnico.exblog.jp
ブログトップ

ハリウッドスター犬・ベストテン!

 今年のアカデミー賞が発表されましたね。
作品賞、主演男優賞、女優賞などなど 見たいな〜と思う映画が目白押しです!
さて、そんな お祭りムードを受けて、シーザー・ミランさんのサイトで、ハリウッド犬の
ベスト10は? と、投票を募っていました。(^^)

 エントリーされていたのは、こちら!
さてさて、あなたの ベスト・ドッグはノミネートされていますか〜? (^m^)
  ↓

 Top 10 Best Dogs in Hollywood
 (ハリウッド・ドッグ・トップ10)


 今年のアカデミー賞、『アーティスト』が作品賞を取った時、舞台上のアギー(犬)を
ご覧になりましたか?
犬たちは、常にスクリーンの中に大きな位置を占めてきました。
1929年の最初のオスカーでは、実のところ名犬リンチンチンが、最優秀男優賞を取った
と 噂されました。
(実際は、人間のエミール・ヤニングスがトロフィーを家に持ち帰りましたが。(笑))
 シーザーズ・ウェイ・マガジンは、50匹のオールタイムベストなトップのハリウッド
犬をリスト・アップしました。
ここに、そのトップ10のハリウッド犬をあげます。


1. ラッシー(Lassie)
名犬ラッシー 家路 』他
 ラッシーが最初に登場した印刷物は、1940年の小説『名犬ラッシー 家路』
でした。
動く姿は、1943年の同名映画でデビュー。(若き日のエリザベス・テイラーが
出演しています)
ラッシーの映画が続々と作られた1954年から1973年まで、コリー人気は、
テレビ番組史上、最も長期間にわたって スター街道を突っ走りました。
ラッシーが、再び映画およびテレビ番組に現われたのは2005年です。
最近また大画面に現われたのです。
なんと、メスのラッシーを演じたコリーは、実際には すべて オスでした!
オスの方が毛並みがふさふさしているので、カメラによく映るのです。

2. べンジー(Benji)
ベンジー』『ベンジーの愛』『名探偵ベンジー』他
 ベンジーが最初に現われたのは、同名の1974年の映画でした。
彼は、次にいくつかの続編、および1980年のチェビー・チェイスの映画に
登場しました。
『名探偵ベンジー (Oh! Heavenly Dog)』です。
ベンジーはヒギンズという名の保護犬が演じました。
後の映画は、ヒギンズの子犬が演じています。

3. リンチンチン(Rin Tin Tin)
名犬リンチンチン
 オリジナルのリンチンチンは1918年に生まれました。
ジャーマン・シェパードの仔犬で、第一次世界大戦の終わりにアメリカの
兵士によって、フランスの犬小屋から助け出されました。
戦争が終わって、リンティは彼の新しい飼い主とロサンジェルスへ行き、
やがて町のビジネスに参入しました。つまり映画です。
並外れた芸当を演ずることの出来るリンチンチンは、社会現象となり、
1920年代の最も人気のある映画スターのうちの1人、ならびにラジオ・
スターになったのです。その現象は50年代まで続きました。
彼の魅力はまだまだ続きます。
スーザン・オーリアンの2011年の本、『リンチンチン その生と伝説
 (Rin Tin Tin: The Life and Legend)』です。
さらに、リンチンチンは、このリスト中、シーザーのお気に入りである
ということも付け加えておきます。☆-(-_^)

4. エディ (Eddie)
そりゃないぜ!?フレイジャー
 フレイジャー・クレーンの父親の犬だったジャックラッセルテリアのエディは、
ムースが演じていました。
彼は元々の飼い主に過剰にリフォームされたペットでした。LAのトレーナーが
付けられていたのです。
彼の息子エンゾも、さらに『そりゃないぜ!?フレイジャー』のエディを演じ
ました。(ムースは10歳で引退)
どちらの犬も、2000年の映画、『マイ・ドッグ・スキップ』のスキップとして
再登場しました。

5. マーリー(Marley)
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
 マーリーは、ジョン・グローガンの2005年の小説
『マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと(Marley & Me: Life and Love
 with the World’s Worst Dog. )』の主人公でした。
彼と黄色のラブラドール・レトリーバーをめぐる災難(!)についての話で、
小説は大ベストセラー、オーエン・ウィルソンとジェニファー・アニス
トンが主演する映画バージョンも2008年に大ヒット。
2011年にビデオ『Marley & Me: the Puppy Years』(日本版 未発売?)が
リリースされました。

6. バディ (Buddy)
エア・バディ』他
 バディ、通称エアー・バディ、ゴールデンレトリーバー、…は、1997年のヒット、
『スーパー・ドッグ エア・バディ(Air Bud)』でバスケットボールをプレーする
スターでした。
彼は次にフットボールにトライしました。
『エア・バディ: ゴールデン・レシーバー(Air Bud: Golden Receiver and play soccer)』、
 (黄金のレシーバー…、ゴールデン・レトリバーとかけてる。(ノдー;) )
『スーパードック エア・バディ ベースボールで一発逆転! 』、および 続編のビデオ、
『スーパードック エア・バディ ビーチバレーで危機一髪!』。
映画へジャンプをする前、エア・バディは、コメディ・ドラマ『フルハウス』の
コメットを演じていました。

7. スクービー・ドゥー (Scooby-Doo)

 『スクービー・ドゥー(Scooby Doo,Where Are you!)』
 このアニメのグレートデンは、子供探偵団と謎解きをする、スクービー・
スナックに目がない犬で、1969年から1991年までテレビの主要産物でした。
キャラクターの名前はフランク・シナトラが「ドゥビ・ドゥビ」と歌った
『夜のストレンジャー(Strangers in the Night)』からインスピレーションを
受けました。
CGで蘇ったスクービー・ドゥーが、2002年と2004年に2つのアクション映画に
現われました。

8. ベートーベン (Beethoven)
ベートーベン
 無作法に振る舞うセントバーナードは、チャールス・グローディンとボニー・
ハントが主演する、ヒット映画『ベートーベン』のスターでした。
続編ビデオ『ベートーベン2』もヒット。
アニメ・シリーズも同様でした。
『ベートーベン2』に目をこらしていれば、もしかしたらシーザーを見つけられる
かもしれませんよ。

9. トト (Toto)
オズの魔法使い (The Wizard of Oz )』
 ドロシーのケアンテリア、1939年のクラシックシネマ『オズの魔法使い』では、
テリーが演じました。伝えられるところによれば、マンチカン(登場人物)以上の
ギャラでした。
初登場は、1900年のL.フランク・ボームの本、『素晴らしいオズの魔法使い』で、
トトは非常に有名になったので、カンザス(ドロシーの住む州)は、ケアンテリアを
公式州犬と命名しました。
ハリウッドには、テリー(後に法律上もトトと改名)のための 永久記念墓地があります。

10. クロエ (Chloe)

 クロエはドリュー・バリモアの声で、ビバリーヒルズのスター・チワワでした。
メキシコの裕福な飼い主との休暇中に、クロエーは盗まれます。
そして 何人かの新しい機知に富んだ犬友達によって、ビバリーヒルズへの帰還を
助けられました。
しかし彼女は少なからず、学ぶ前でした。
クロエーもまたさらに続編ビデオとして売り出されました。



a0102815_14172748.jpg
         「いや〜、みんな、頑張ってるね〜」(by ニコル)
         「新旧とりまぜて まんべんなくだね 」(by ビリー)
         「ボク、トトとは競演したんだよ〜」
         「それは ママが勝手にね。A^◇^;) 」
         「ママは、フェイスブックに マーリー・イズ・ザ・ベスト!って
          投票したみたいだよ!
          やはり ラブラドールを愛しているんだねぇヽ(*´∀`)ノ 」

         「…。なんかフクザツ。(-_-;) 」
         (※ 『マーリー』は ハチャメチャ犬イエロー・ラブが主役のコメディで、
          サブタイトルは「世界一お馬鹿な犬」なのでした)

[PR]
by billnico | 2012-03-04 14:32 | メディア | Comments(0)