お気楽ビリーのWAN!derful Life!

billnico.exblog.jp
ブログトップ

天国のビリー

 今年も残す所、わずか一日となりました。
この夏にビリーを見送って以来、すっかり精彩を欠いている我が家。
いかにビリーの存在が大きかったか、実感する毎日です。
実際、ぐるぐる 回っていたし。( ̄▽ ̄ i) 
食卓の周りとか、暖炉の近くや、小庭に追ってきたり…。
いや〜、ずっと 動いていたな、ビリーは。(ノдー;)
ご飯、お散歩、せわしなく 要求してくるワンコだったわ〜。
だから、ホント、なんか ウチの中がとても静かになっちゃいました。
干支の仮装も出来なくなっちゃったナ。(;_;)
ビリーにはニコル、ふたりセットで居るのが、我が家らしかったのだ
けれど。
そんなこんなで、ある意味では ひとつのシーズンが幕を下ろした
ようです。
a0102815_17295361.jpg
いつも洗って貰っているトリミング屋さんに
数年前に頂いたカレンダーから。
'10年のものなのですが、まさか、
あの頃は 本当にビリーが天使になるなんて
想像もしていませんでした。
(この画像は フリー・フォトのようで、
Pinterestなどで よく見かけます)

 「これからは、ずっと一緒ですよ」
「きっとニコルに寄り添ってますよ」
そう言われても、なかなか実感出来ずにいますが、とりあえず、
前を向かなくては…と、思っています。
a0102815_17392026.jpg
ビリーの乳歯をペンダントに納めました。
ずっと一緒にいられる…のだけれど、
金属アレルギーになったよ? なぜ〜?
ビリー!!!! |||/( ̄ロ ̄;)\|||

 これまで ずっと ビリニコを応援してくださったみなさま、
ありがとうございました。
きっと、ビリーの事だから ビリーを愛してくださった方の所まで
足をのばして ぐるぐる回っていると思います。(T▽T)
庭の花や、椅子の影、窓辺のカーテンが ゆらっとしたら、黄色い
ラブラのことを思い出してやってください。
そして「わー、また、ビリー、勝手に入って来ちゃったの?」と
声をかけてあげてくださいませね。

今年はいろいろありましたが、お世話になりました。
また 来年 新たな一歩を 踏み出す所存であります。ビリーを見習って
少し、動かなきゃ。
どうぞ よろしくお願いします。


[PR]
# by billnico | 2016-12-30 17:41 | ビリー(水色) | Comments(0)

今年もマライア風サンタ・ビリー

 「今年もこの季節がやって来ました!」
…と、はりきって 画像をアップしている自分。( ̄Θ ̄;)
2年前のSNSの投稿記事です。
a0102815_15105547.jpg
マライア・ビリー・サンタ。
このむっちりした感じも、コスプレの
マライア・キャリーっぽいです。

 前述しましたが、フェイスブックって、記事を書かなくなった人への
フォローが手厚いのです。(ノдー;)
○○さん ― 3年前の投稿を振り返ってみよう
…と、明るく デッドボールを投げてきます。(T▽T)
この時期は、ビリーの画像、リースの画像…と、交互に 毎日上がってきます。
わたし、ここ数年 それしかネタがなかったらしい…。ヽ(´o`; 
a0102815_15104856.jpg
でも Xmas当日は、チキンの匂いに
理性が吹っ飛ぶビリー。
キッチンに密着してました。
色気より食い気です。(´~`;)

 すっかり季節の風物詩になっていたビリー。
このケープは本人(犬)もお気に入りで、一度 着ると、脱ぎたがらなかったなぁ。
それで 画像も たくさん残ってた。
…なぁんて、ビリーのことを思い出していたものだから、二階から戻った時、
ポインセチアをビリーと見間違えてしまいました。( ̄◇ ̄ i)

a0102815_15254955.jpg
黄色いポインセチアを日向ぼっこ
させていたのですが…。
自然にビリーに空目してしまいました。(汗)
彼女、よくここに寝そべっていたから。
a0102815_15254667.jpg
よく見たら、縁の所が擦れて白っぽくなってる。
ふはは。(T▽T)
よほど ここが好きだったのね。

 ママが二階へ上がると、ここに来て 降りてくるのを待っていたのだな。
当時は 深く考えなかったけれど、当然 そこにあるもの、居るもの…って、
自分も どこかで思っていたんだなぁ。



[PR]
# by billnico | 2016-12-20 15:32 | ビリー(水色) | Comments(0)

夢で会えたらな

 ついに、ビリーの夢を見てしまった。((ノ_・。))
お散歩か、家の前か、取り敢えず 路上にて、ビリーが
わたしの左側にいました。
お散歩の定位置です。
ニコルはいつも右側なんで、ふわっと前の方に居たかな。
a0102815_11431598.jpg
「ビリー、生き返ったんだね」と、わたしは言ったので、
過去を思い出す夢ではなかったようです。
あのガッチリした実体もあって、すごく元気で、
最期の日々のようなやせ細った彼女じゃなかったなぁ。
もう、ただ ただ、嬉しくて、ぎゅうっと抱きしめてました。
ビリーは 生前から、あんまり抱っこされたりするのが
好きじゃなかったので、ちょっと 我慢している感じが
伝わってきて、あぁ やっぱりビリーだと思いました。
a0102815_11412445.jpg
側には家人が居て、
「違うよ、それは本物じゃないんだよ」と、懸命に説明して
いました。
でも、そう言われれば言われるほど、わたしも反論して、
「だって こんなにしっかりしているじゃない」と、
必死になります。
自分は夢を見ながらこれは夢だ と、解っている事も多いので
ビリーが生き返ったなんて言いながら、変な事やってる気は
しなかったです。
でも、夢は覚めてしまった。
あぁ、ビリーはもういないんだなぁ。
虹の橋も渡ったのかなぁ。
a0102815_11413470.jpg

[PR]
# by billnico | 2016-11-28 11:31 | ビリー(水色) | Comments(0)

枠と罫を変えました

 いよいよ ビリーの四十九日も越えたので、ブログスキンを
(ヘッダーの枠と罫)変えました。
また 振り返り日記になる予定の、‘ビリーを思い出にする
心の旅’もしてきましたので、戻り日記に書くつもりです。
 (…とはいえ、ニコル(弟犬)とのフツーの犬旅だったので、
  写真の整理に手間取っているだけ だったりして。(^。^;))
すこ〜しずつですが、整理してゆかなくては、ね。
a0102815_13371664.jpg

 PS.
  自分の‘心の旅’日記は、時間がかかりそうなので、
  とりあえず、こちらのログを置いておこう…。
 

[PR]
# by billnico | 2016-10-15 13:33 | それ以外 | Comments(0)

お留守番 ウォッチング

 老犬ビリーから目が離せない容態ではありつつも、実家に

帰らなくてはならない~など、ちょっと家を留守にした日の事。

犬友で仲良しのご近所さんに、時々 うちを覗いて貰えませんか と、

お願いしました。

その時の様子を写メしたものが 出てきました と、その方が画像を

送ってくれました。

(当日も 見せて頂いたのですが、別ショットもあったよ~って。(^^))

a0102815_13505636.jpg
ビリー、つらそう〜 と、一番に目が行く…、と
思いきや、なんだ ニコルのカメラ目線は〜(汗)

 ニコルは、やはり 弟分。(ノдー;)

大好きな ご近所のおねいさんが 来てくれて、嬉しそう。

(ビリーのリード&カラーはお散歩のためです~。

 帰宅直後に、パチリ! と、撮ってくれたものでした)

ビリーがしんどいの、どこまで 解っているのかな。(・・;)

でも 最期に 寄り添ったのも、君だった。

ねぇ、ビリーは 君に なんて言ってったの?






[PR]
# by billnico | 2016-10-02 22:46 | ニコル(青色) | Comments(0)

SNSの親切がつらい件

 9月1日、19日、27日と…、フェイス・ブックよ、やめてくれ〜。
「○年前の思い出を見てみましょう」と、親切顔して 過去記事
掘り返すのを、やめるのだ〜。(T^T)

『ビリーさん、夢の中で走ってます』と、エルトン・ジョンを
BGMに足を動かす動画。
a0102815_16331790.jpg

『ペットと泊まれるお宿。水上温泉へ行きました』と、
パパに寄り添うビリーの画像。
a0102815_16261215.jpg


『軽井沢へ。犬と一緒だとどこまでも歩けるので不思議ですね』
タリアセンで池の鯉にメンチ切るニコル。
a0102815_16260717.jpg
 幸せそうな家族が そこには いました。
う〜、ひとつひとつが 刺さります…(ノд・。)
ドキッとするし、ね〜。
…って言うか、犬の事しか 書いとらんのか、自分〜。A^◇^;)
さらに、「シェアしましょう」と、おせっかいを してくるのだけれど、
いつまでメソメソしているの? と、言われそうで、とても出来まへんがな。
いや、ただの、記事アップしなくなったユーザーへの フォローなのです
けれど、ね〜。
書いているのも 自分だし、まぁ、とどのつまり…結局、自分のせい。(爆)
くーっ、腹立たしいのは 自分…ということか〜。(TΔT)




[PR]
# by billnico | 2016-09-27 15:44 | ビリー(水色) | Comments(0)